イスラエル イノベーション プログラム

ISRAEL SPACE TECHNOLOGY

Israel is one of the hottest innovation and technology hubs in the world. With over 6,000 active startups and an economy dominated by industrial high-tech and entrepreneurship, Israel certainly earned its nickname ‘The Startup Nation’. 

Israel is an entrepreneurial powerhouse and a hotbed for pioneering technologies, profitable business opportunities, and high investment returns. For these reasons, it is no surprise that the world’s leading multinational companies have all choose israel: Microsoft, Motorola, Google, Apple (three R&D centers), Facebook, Berkshire-Hathaway, Intel, HP, Siemens, GE, IBM, Philips, Lucent, AOL, Cisco, Applied Materials, IBM, J&J, EMC, and Toshiba are just some of the names in a long list of over 200 MNCs who realized that Israel is their Ideal investment opportunity 

Furthermore, many multinational corporates such as Tata, Kodak, Citi bank, and many others have established innovation centers in Israel

Additional attributes of the Israeli ecosystem include:

Highly innovative – Israel is world renowned as being the “start-up nation” and is the world leader for number of start-ups per capita—with 2,000 startups founded in the past decade, another 3,000 small and medium-sized startup and high-tech companies, 30 growth companies, 50 large technology companies, and 300 multinational corporations R&D centers. Profit-driven Israeli innovations include a long list of market firsts such as disk-on-key technology, IP telephony, ZIP compression, the ingestible pill-size camera, and many more.

Strong R&D capabilities – Israel ranked second in the world in R&D expenditure per capita. Israel invests about 4.1% of its GDP in R&D, the average among the OECD is 2%.

Educated and skilled workforce – Israel enjoys the highest percentage of engineers and scientists per capita in the world, and one of the highest ratios of university degrees and academic publications per capita. Israel has a high quality educational system and is among the most educated societies in the world.

SVJ is your bridge to the Israeli high-tech industry with office in Japan and Israel we escort Japanese company in there first steps to the Israeli high-tech ecosystem 

Our service include : 

Searching for technologic and investment opportunities 

Attended in meeting and be a Cultural bridge 

Support operations in Israel 

イスラエルは、世界で最も熱いイノベーションとテクノロジーの中心地の1つです。 6,000を超えるアクティブな新興企業と産業ハイテクと起業家精神で繁栄された経済により、イスラエルは確かに「スタートアップネーション」というニックネームを獲得しました。

イスラエルには起業文化が存在し、先駆的な技術、収益性の高いビジネスチャンス、高い投資収益率の温床です。これらの理由から、世界有数の多国籍企業がすべて、イスラエル、Microsoft、Motorola、Google、Apple(3つのR&Dセンター)、Facebook、Berkshire-Hathaway、Intel、HP、Siemens、GE、IBM、Philips、ルーセント、AOL、シスコ、アプライドマテリアルズ、IBM、J&J、EMC、東芝は、イスラエルが理想的な投資機会であることに気付いた200人以上のMNCの長いリストのほんの一部です。

さらに、タタ、コダック、シティバンクなどの多くの多国籍企業は、イスラエルにイノベーションセンターを設立しています。

イスラエルのエコシステムの属性には次のものがあります。

イスラエルはイノベーション「先進国」として世界的に有名であり、1人あたりの新興企業数で世界をリードしています。過去10年間に2,000の新興企業が設立されました。ハイテク企業、30の成長企業、50の大手テクノロジー企業、300の多国籍企業R&Dセンター。利益重視のイスラエルの技術革新には、ディスクオンキーテクノロジー、IPテレフォニー、ZIP圧縮、摂取可能な錠剤サイズのカメラなど、新たな市場を生み出した長いリストが存在します。

強力な研究開発能力として、イスラエルは、一人当たりの研究開発費で世界第2位にランクされています。イスラエルは、GDPの約4.1%をR&Dに投資しており、OECD間の平均は2%です。

教育を受けた熟練労働者として、イスラエルは、世界で一人当たりのエンジニアと科学者の割合が最も高く、一人当たりの大学の学位と学術出版物の割合が最も高い国の1つです。イスラエルには質の高い教育システムがあり、世界で最も教育を受けた社会の1つです。

Silicon Valley Japanは、イスラエルのハイテク産業への架け橋であり、日本にオフィスを構え、イスラエルのハイテクエコシステムへの第一歩としてイスラエルを支援しています。

当社のサービスは次のとおりです。

技術的および投資機会の検索

会議に出席し、文化的橋渡しをする

イスラエルでの支援活動

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s