Japan – Netherlands

150th anniversary of establishment of diplomatic relations between Japan and Japan, 400th anniversary of Nichiran commerce

Japan and the Netherlands have been building friendships in various fields such as politics, economy and culture for more than 400 years since the mascot de leafe drifted. The friendship between the Japanese Imperial Family and the Dutch Royal Family is also deep.

In the commemoration of the 400th anniversary of the Japan-Japan exchange in 2000 (Heisei 12), there are about 700 commemorative events in both countries. The amount of trade in 2005 was 1,507.6 billion yen from Japan to the Netherlands and 243.9 billion yen from the Netherlands to Japan. Similarly, the main items are office equipment, video equipment, scientific optics, automotive parts, automobiles, etc. from the Netherlands to Japan. , Has become a prime mover. Direct investment in 2004 was 777.4 billion yen from Japan to the Netherlands, and 316.4 billion yen from the Netherlands to Japan, both of which ranked first among EU member countries, and Japan-Japan economic relations are important. It is increasing.

日蘭外交関係開設150周年、日蘭通商400周年

日本とオランダは、マスコットデ・リーフデ号の漂着から400年以上にわたり、政治、経済、文化などさまざまな分野で友好関係を築いてきました。日本の皇室とオランダ王室の親交も深く、長い信頼関係を築いてきました。

2000年(平成12年)の日蘭交流400周年記念には、両国で約700の記念行事が催されるなど、日蘭の文化交流は活発に行われ、2005年(平成17年)の時点では、貿易額は、日本からオランダが1兆5,076億円、オランダから日本が2,439億円。同じく主要品目は、日本からオランダが事務用機器、映像機器、科学光学機器、自動車の部分品、自動車など、オランダから日本が科学光学機器、有機化合物、植物性原材料(球根等)、自動車の部品、原動機などとなっています。2004年(平成16年)の直接投資は、日本からオランダが7,764億円、オランダから日本が3,164億円で、いずれもEU加盟国中第1位となっており、日蘭の経済関係はこれからも重要さを増してきています。

PENN Innovation

Coming Soon

About 20 years ago, it began…in Japan

Since Thursday, 31 July 2008
PA Alumni Dinner & Networking Party Invitation

Provence-Alpes-Côte d’Azur

FRANCE

Partner with the French Provence, Cote d’Azur.

Provence to Marseille, Nice, Avignon. is famous for the world’s top tourist destinations, the development of large international ports and startup companies, as well as the development of medical, IoT, new energy solutions have been remarkable in recent years. Many innovations have been nurtured.

Landscape of historical medieval village of Eze on French riviera
Pont Saint Benezet bridge and Rhone river aerial panoramic view in Avignon. Avignon is a city on the Rhone river in southern France.
Venice skyline, Italy. San Giorgio Maggiore island in Venetian lagoon. Aerial panoramic view of marine Venice city. Beautiful landscape of Venice in summer. Horizontal banner of Venice in the sea.
Marseille Transparent Layers Gradient Landmarks Skyline

Finland Sustainable Growth

フィンランドとの持続的な成長の機会

Panoramic aerial view of Helsinki in a beautiful summer day, Finland

フィンランドから学び、ビジネスを始めるべき7つの理由

国家としての安定性第1位

幸福度世界1位

イノベーション 世界1位

魅力的な海外事業進出先 EU圏1位

ビジネス環境1位

外国人居住者が住みやすい国1位

初等教育世界1位

当社のサービスは次のとおりです。

技術的および投資機会の検索

交渉代行。会議のアテンド、文化的橋渡し

フィンランドでの支援活動

Israel Innovation Program

イスラエル イノベーション プログラム

ISRAEL SPACE TECHNOLOGY

Israel is one of the hottest innovation and technology hubs in the world. With over 6,000 active startups and an economy dominated by industrial high-tech and entrepreneurship, Israel certainly earned its nickname ‘The Startup Nation’. 

Israel is an entrepreneurial powerhouse and a hotbed for pioneering technologies, profitable business opportunities, and high investment returns. For these reasons, it is no surprise that the world’s leading multinational companies have all choose israel: Microsoft, Motorola, Google, Apple (three R&D centers), Facebook, Berkshire-Hathaway, Intel, HP, Siemens, GE, IBM, Philips, Lucent, AOL, Cisco, Applied Materials, IBM, J&J, EMC, and Toshiba are just some of the names in a long list of over 200 MNCs who realized that Israel is their Ideal investment opportunity 

Furthermore, many multinational corporates such as Tata, Kodak, Citi bank, and many others have established innovation centers in Israel

Additional attributes of the Israeli ecosystem include:

Highly innovative – Israel is world renowned as being the “start-up nation” and is the world leader for number of start-ups per capita—with 2,000 startups founded in the past decade, another 3,000 small and medium-sized startup and high-tech companies, 30 growth companies, 50 large technology companies, and 300 multinational corporations R&D centers. Profit-driven Israeli innovations include a long list of market firsts such as disk-on-key technology, IP telephony, ZIP compression, the ingestible pill-size camera, and many more.

Strong R&D capabilities – Israel ranked second in the world in R&D expenditure per capita. Israel invests about 4.1% of its GDP in R&D, the average among the OECD is 2%.

Educated and skilled workforce – Israel enjoys the highest percentage of engineers and scientists per capita in the world, and one of the highest ratios of university degrees and academic publications per capita. Israel has a high quality educational system and is among the most educated societies in the world.

SVJ is your bridge to the Israeli high-tech industry with office in Japan and Israel we escort Japanese company in there first steps to the Israeli high-tech ecosystem 

Our service include : 

Searching for technologic and investment opportunities 

Attended in meeting and be a Cultural bridge 

Support operations in Israel 

イスラエルは、世界で最も熱いイノベーションとテクノロジーの中心地の1つです。 6,000を超えるアクティブな新興企業と産業ハイテクと起業家精神で繁栄された経済により、イスラエルは確かに「スタートアップネーション」というニックネームを獲得しました。

イスラエルには起業文化が存在し、先駆的な技術、収益性の高いビジネスチャンス、高い投資収益率の温床です。これらの理由から、世界有数の多国籍企業がすべて、イスラエル、Microsoft、Motorola、Google、Apple(3つのR&Dセンター)、Facebook、Berkshire-Hathaway、Intel、HP、Siemens、GE、IBM、Philips、ルーセント、AOL、シスコ、アプライドマテリアルズ、IBM、J&J、EMC、東芝は、イスラエルが理想的な投資機会であることに気付いた200人以上のMNCの長いリストのほんの一部です。

さらに、タタ、コダック、シティバンクなどの多くの多国籍企業は、イスラエルにイノベーションセンターを設立しています。

イスラエルのエコシステムの属性には次のものがあります。

イスラエルはイノベーション「先進国」として世界的に有名であり、1人あたりの新興企業数で世界をリードしています。過去10年間に2,000の新興企業が設立されました。ハイテク企業、30の成長企業、50の大手テクノロジー企業、300の多国籍企業R&Dセンター。利益重視のイスラエルの技術革新には、ディスクオンキーテクノロジー、IPテレフォニー、ZIP圧縮、摂取可能な錠剤サイズのカメラなど、新たな市場を生み出した長いリストが存在します。

強力な研究開発能力として、イスラエルは、一人当たりの研究開発費で世界第2位にランクされています。イスラエルは、GDPの約4.1%をR&Dに投資しており、OECD間の平均は2%です。

教育を受けた熟練労働者として、イスラエルは、世界で一人当たりのエンジニアと科学者の割合が最も高く、一人当たりの大学の学位と学術出版物の割合が最も高い国の1つです。イスラエルには質の高い教育システムがあり、世界で最も教育を受けた社会の1つです。

Silicon Valley Japanは、イスラエルのハイテク産業への架け橋であり、日本にオフィスを構え、イスラエルのハイテクエコシステムへの第一歩としてイスラエルを支援しています。

当社のサービスは次のとおりです。

技術的および投資機会の検索

会議に出席し、文化的橋渡しをする

イスラエルでの支援活動

Support Expansion

テイストメイド日本展開のサポート

Please reach us out to find out more.

Greece Japan Innovation

ギリシャ日本イノベーションパートナー

ギリシャは豊富な観光資源(6000以上の美しい島々)、グリーククズィン(オリーブオイル、グリークサラダ、フェタチーズ、ギリシャヨーグルトなど)の伝統的な手法は歴史が深く、こだわりのある製品は世界中で愛されています。歴史や哲学、そして、勤勉で豊かで陽気な国民性から日本人との相性の良さから長期滞在者が増え益々人気です。

ギリシャは、長い歴史の間、交易の拠点を形成しヨーロッパで最も気候が過ごしやすい地中海気候で知られる国であり、地理的にアジア、アフリカ、ヨーロッパ各国カルチャーが交差する場所としてイノベーション創発パートナーとして期待がされております。

Pacific Northwest Japan

米国北西部の研究者・起業家と出会う

ワシントン大学と日本の研究者・起業家をつなぐ日本とパシフィックノースウエストをつなぐこと

シリコンバレージャパン代表の前田智之はワシントン大学ボセルビジネススクール校友会の日本カントリーヘッドを務めております。

UWB School of Businessとその卒業生コミュニティの間の、ビジネス関連のつながり、エンゲージメント、サポート、そして学校のプログラム、卒業生、教員、スタッフ、そしてコミュニティをより一層豊かにするネットワーキングの機会を構築してまいります

1.日本に住んでいるUW Bothell School of Businessの卒業生のコミュニティを組織します。
2.教職員、学生、そして日本のビジネス界とのつながりの連絡役として行動する。

3.日本の起業家やビジネスリーダーと直接仕事をする機会を探求します。

4.学部長と協力して日本でのプレゼンスを築く。

太平洋岸北西部(英: Pacific Northwest, PNW)は、北アメリカ北西部のアメリカ合衆国アラスカ州からカナダのブリティッシュコロンビア州を経てまたアメリカ合衆国の太平洋岸北西部に至る地域を指します。太平洋から見た北西部ではなく、北アメリカ州の陸地で見た北西部である。カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバー、アメリカのワシントン州シアトル、オレゴン州ポートランドのスタートアップとのパートナシップに期待が持てます。

Tomoyuki MAEDA is Japan Country Head for University of Washington, Bothell Business School alumni board. Serves as a link between the UWB School of Business and its alumni community for business-related connection, engagement, support, and networking opportunities that fortify and further advance
the School’s programs, alumni, faculty, staff, and community.

Duties:
1. Organize a community of UW Bothell School of Business alumni that live in Japan,
2. Act as a liaison for connections between our faculty, staff and students and the Japanese business community,
3. Explore opportunities for working directly with Japanese entrepreneurs and
business leaders, and,
4. Collaborate with the Dean to build a vibrant presence in Japan.